脂肪燃焼をさせるためには筋トレ、食事の量やバランス、生活習慣の見直しなど自分で簡単にできる方法もたくさんあります。ダイエット効果の高い体脂肪を燃焼させるにはどんな方法が有るのでしょうか

ダイエットと脂肪燃焼

脂肪燃焼して痩せる!密かに話題のダイエットに効く食事運動法


HOME >> 出産をしてから、増加した体重とたるんだ


LastUpdate:2017/09/26


出産をしてから、増加した体重とたるんだ


出産をしてから、増加した体重とたるんだおなかを元にもどすために、ダイエットと一緒に人生初の筋トレをしました。100%母乳で子供を育てていたので、思うようにスリムアップはできなかったのですが、筋トレはとても熱心にしました。

そういったこともあり、半年ぐらいでほぼ元のスタイルに戻す願いがかないました。

年齢に伴い次第に身体がダルダルになってきてしまいました。スリムアップするためには運動と食事の管理が一番だとは思いつついっこうに時間が確保できずに実際に行うことができませんでしたが、暫くぶりに体重計にのってみて驚いたんです。とりあえず、自然に運動をするために、日々歩きにすることから開始してみました。これで少しでも細くなると嬉しいです。

ダイエットにはエアロビックプログラムがお手軽に出来るので、試してみてほしいのです。

私は踏み台昇降を家の中でしています。これは長いこと継続すると、心臓がバクバクいいますし、脚の裏側の筋肉も使うので、思ったよりもずっとクタクタになります。これをテレビをつけてしていますが、余分な肉がすごく減りました。短い期間でヘルシーにダイエットするためには水泳が一番だと思います。

陸上競技はちょっと…という方でも、水泳ならば浮く力で、すぐに疲労感も感じませんし、泳ぎ終わると心地よい疲労感があります。

ダイエット目的でスイミングをしている人はたくさんいますので、1人で泳いでいようと全く恥ずかしくないです。

水泳は想像以上にカロリー消費が激しいので、続ければ痩せられます。ついご飯の前にお菓子を食べてしまうことが多くてこんなのだめだと思っている方はお菓子の代わりにスムージーを飲んでみてはいかがでしょう。

自分好みの食材でスムージーをミキサーにかけることでも作れますし、ネットやお店でスムージーを買うこともできるでしょう。

スムージーを食事と置き換えて飲むことで、効率的に痩せることができるんです。

スムージーを噛んで飲むとより効果的ですよ。

痩せようとするのに食事を取らないのはダメです。長く続かないし、まず間違いなく体調を壊します。食べ物を取りながら。

食事の一部をカロリーの低いものに交換すると良いです。

運動を併用する方は、筋肉をつけて脂肪を減らす効果を高めるため、高たんぱく質でカロリーが低い食品が、お得です。

ダイエットとずっと継続していると、カロリーを数えなくても、おおよその摂取カロリーが予想できるようになっちゃうもんです。肉と米、野菜をこのくらい食べたので、本日のランチはこれくらいのカロリーをとったという具合に見当がつくのです。

私も太っていた時代があるので、諦めなければならないのですが、ちょっぴり切なくなります。炭水化物の摂取を少なくする手段でダイエットに取り掛かったことがあります。

しっかり噛むことで、充足感を満たそうとしたけれど、厳しかったです。邦人なので、時には、ガツンと白いごはんを欲しいと思います。なので、今現在は、夜のみ炭水化物のものの飲食を控えるけれど、朝と昼は何も気にせずに、ちゃんと食べるようにしています。もはや20年くらい前になりますが、その時、流行した外国製のスリムアップ効果があるらしいサプリを試みたことがありました。

流し込んでしばしすると、胸がドキドキしたり、呼吸が荒くなってきました。

ききめがあると判断すればいいのか、体に合わないのか判断できず恐れを感じ、一本で飲むのを止めることにしました。全然、痩せずに終わったお話でした。ダイエットして健康を損なわずに痩せたい場合には、ジョギングを実行するのが有効です。

これは泳いだり、ウォーキングやジョギングをするといった運動についてです。

そして、栄養面で考えるのはプロテイン、すなわち、良質なタンパク質を取ることです。

脂肪を燃焼させて減らすためにはタンパク質を要するのです。ダイエットに効果的なスポーツといえば、有酸素運動と言えるでしょう。

ダイエットを達成させるためには、使ったカロリーが取ったカロリーを上回ることが大切なので消費カロリーが高いジョキングやエアロビクスや自転車で遠出のような運動が第一候補として上げられます。併せて、体を引き締めてメリハリのあるボディーラインを作出するためには筋トレもおすすめします。若い頃は基礎代謝力が良いため、少し食べ過ぎてしまい体重が増えたとしてもちょっと待てば元通りになることがよくあります。

けれど、年齢を重ねていくと基礎代謝量が減ってしまい、エネルギーの消費量も落ちるので、何もしない状態だと肉がつきやすい体になります。

呼吸に気を付けてお腹からするだけでも、人はスマートになるそうです。

体が締るストレッチとしては大きく呼吸しながら肩甲骨を動かすことが良いのだとお聞きしました。

肩こりにも有効なのですが、両ほうの腕を上にまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は空に向けたまま、肘を折り曲げて体の後ろに下げていきます。

この時に息を吐いて肩甲骨を縮めるイメージです。

ダイエットには有酸素運動が効果的だと聞きますが、有酸素と無酸素はどう見分けるのか、境界線がわかりません。良く聞くのは、息は上がるけれど、汗をかくほどではないくらいというのが、違いのようです。

しかし、発汗の状況は季節によっても変わりますよね。

もっとはっきりとした区別の仕方がわかるとダイエットしたいと思います。

食事量をあまり減らしたくないし、体を動かす時間もありません。

私は困っていたのですが、とてもいい物に出会ったのです。

そう。それが痩せるお茶だったのです。無理して、食事量を制限するダイエットは肌にも髪にも悪影響があるので、必要なカロリーを取りながら、痩せるお茶を飲んで、リバウンドせずに綺麗に痩せられました。

私は痩せようと思った時、家でできる減量法として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどのトレーニングを行い、筋肉量を増加して体内の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し早歩きでの散歩を30分以上しました。

これをなるべくなら毎日行うことで、2ヶ月で5キロのスリムアップに成功しましたが、継続することは努力がいることでした。

ダイエットにはいろんな方法がありますが、基本は運動と食事ではないかと思います。食事制限と並行して運動も行うとまた一段と効果的となるので、毎日何かトレーニングなどを行えばいいかもしれないですね。スポーツジムなどに通うのも良いですし、それができないといった方はご自分でジョギングなどのトレーニングをできるだけ行うようにしていきましょう。


関連記事です




メニュー





メニュー



2011 脂肪燃焼して痩せる!密かに話題のダイエットに効く食事運動法 All rights reserved.

▲TOP