脂肪燃焼をさせるためには筋トレ、食事の量やバランス、生活習慣の見直しなど自分で簡単にできる方法もたくさんあります。ダイエット効果の高い体脂肪を燃焼させるにはどんな方法が有るのでしょうか

ダイエットと脂肪燃焼

脂肪燃焼して痩せる!密かに話題のダイエットに効く食事運動法


HOME >> 短期間でからだに負担をかけずにダイエットするには水


LastUpdate:2017/09/26


短期間でからだに負担をかけずにダイエットするには水


短期間でからだに負担をかけずにダイエットするには水泳がベストな方法です。

陸上競技はちょっと…という方でも、水泳ならば浮力が助けとなり、すぐに疲労感も感じませんし、泳ぎ終わると心地よい疲労感があります。

ダイエット目的でスイミングをしている人はたくさんいますので、1人で泳いでいても全く恥ずかしがることはありません。水泳は想像以上の消費カロリーを必要とするので、続けることで痩せることが期待できます。ダイエットを成功させるためには息の上がる程度の運動と筋トレです。有酸素運動でとりわけ使われる筋肉は遅筋で、筋トレで使われているのは速筋という筋肉です。

遅筋という筋肉は筋が肥大しにくく、マッチョな見た目にならないです。

遅筋と速筋を両方鍛えると、バランスの良いスタイルがなれるかもしれません。若いころは基礎代謝がとてもいいので、少し食べ過ぎてしまい体重に出てしまってもちょっと待てば元通りになることが多いです。ですが、年齢を重ねるにつれて基礎代謝量が減ってしまい、エネルギーの消費量も減少するので、何もしないと肉がつきやすい体になります。

ダイエットをやってると自分に酷な食事制限を立ててしまう人もいますが、断食などのスリムアップは、禁物です。

いくら、食事制限を行っていてもお腹が減ってしまったら無理をせずに召しあがってください。

とにかく、低カロリーのものを頂くようにすれば体重がいきなり増したりすることもありません。

体重を落とす事は以前に数度何度かしてきました。

今も実践している減量法は小さな断食です。その日の予定がない日に水以外は他に食べないようにします。

そうして、あくる日の朝は重湯やおかゆのような胃に負担の少ない食べ物を食べて、後は普通にやって行くのです。

お腹のリセットにもなって体にも負担がなくいいらしいですよ。ぜい肉を減らすには有酸素運動がお手軽に出来るので、まずは始めてみてほしいのです。

踏み台昇降を私は家の中でしています。

これは長いこと継続すると、脈が速くなりますし、脚の裏側の筋肉も使うので、やる前に想像したよりもずっと体力を消費します。テレビを観ながらこれをしていますが、すごく体が締まりました。ダイエットして健康を損なわずに痩せたい場合には、有酸素運動を行うのが近道です。これは泳いだり、ウォーキングやジョギングをするといった運動です。そして、栄養面で考えるのはプロテイン、すなわち、良質なタンパク質を吸収させることです。

脂肪を減少させるためにはタンパク質を要するのです。

スリムアップしたいなら筋トレで、筋肉を増やして基礎代謝を上げる事が重要です。中でも、ダイエットする為にはどのような筋トレが求められるのでしょうか?有酸素運動が期待どおりの結果が出せますが、そればかり続けすぎると、逆に筋肉が増えにくいと言われています。軽度の有酸素運動の後に筋力トレーニングに取り組み、終わりにまた軽く有酸素運動を行うのが結果が表れやすいようです。

元々の代謝量が多い方がダイエットには好都合です。

椅子に座る機会に背もたれにもたれず可能な限り、背筋を伸ばすようにやったり、歩き方をわずか注意するだけでも、基礎代謝量を増大することができます。座し方や歩き方が美しくなれば女性としてもプラスになります。

是非頑張ってみてください。

出産を経験し、たるんだおなかを元通りにするために、スリムアップと合わせて人生でしたことがなかった筋トレをしました。100%おっぱいで育児をしていたので、大してダイエットをすることができなかったのですが、筋トレはとても熱心にしました。

その結果、半年ぐらいでほぼ元のスタイルに戻ることができました。私的に女性からすると、結婚は一生に一度きりのはずのことなので、婚約してから、私も人並みにダイエットに努力しました。

加えて、エステにも足を運びました。

お金を色々と要したためたった2日間でしたが、いつもはしないことをして微かに綺麗になれた気がしました。

ダイエットをずっとやってると、いつの間にか、カロリー計算なしでも、おおよその摂取カロリーが当てられるようになります。

肉に米、野菜をこのくらい摂取したので、昼食の摂取カロリーはこのくらいという具合に計れるのです。

私も昔、デブだった黒歴史があるので、しょうがないのですが、少々切なくなります。

健康のため歩くことによって注意するダイエットは、40分以上必ず続けて歩く事です。有酸素運動であるウォーキングで、燃え始める脂肪は、始めてから約30分後です。

10分や20分ウォーキングするくらいでは、脂肪を燃やすことはできず、痩せることのききめはかなり薄くなってしまうので、注意するようにしましょう。

基礎代謝を上げるのは痩せる効果があります。

元々、あまり汗をかかないという人は、体内に不要な汚れが溜まりやすくなってしまいます。老廃物が溜まっていくと基礎代謝が悪くなることに繋がるので、汗をあまりかかない人は太りやすくなります。基礎代謝をアップさせて汗をかきやすい体に、していくことが大切です。

世の中には、これを食べておけば痩せるという食べ物はないと言えます。

ただし、カロリーが低いものや、食物繊維を豊富に含まれている場合など、お通じを楽にしてくれるものは痩身効果がありますよね。

野菜、きのこ類、海藻類を多く取り入れると、体重の増加を抑えてくれるでしょう。同時に、カロリーの高い食べ物を制限する必要があります。

ダイエットには様々な方法がありますが、基本となるのはやはり運動と食事のバランスだと思います。運動と食事制限を同時にやると一段と効果的なので、何かしらのトレーニングを毎日行えば良いかもしれませんね。ジムを使うのも良いですし、それがムリだという方は自身でトレーニングやジョギングといった運動をするように心がけるのが良いでしょう。

基礎代謝量をあげるためには有酸素運動がオススメだとされています。

有酸素運動でも一番簡単で効果が見込めるのはウォーキングだといわれています。

ただもちろん、ダラダラと歩く、それではなかなか基礎代謝を上げることはできないでしょう。

たとえば、下腹部に力を入れながら、顎を引きながら前を向くなどして、筋肉を使いながら歩くことを意識しながらつづけることで、ウォーキングの効果があげることができます。


関連記事です




メニュー





メニュー



2011 脂肪燃焼して痩せる!密かに話題のダイエットに効く食事運動法 All rights reserved.

▲TOP