脂肪燃焼をさせるためには筋トレ、食事の量やバランス、生活習慣の見直しなど自分で簡単にできる方法もたくさんあります。ダイエット効果の高い体脂肪を燃焼させるにはどんな方法が有るのでしょうか

ダイエットと脂肪燃焼

脂肪燃焼して痩せる!密かに話題のダイエットに効く食事運動法


HOME >> 見た目の変化はすぐに表れるわけではある


LastUpdate:2017/09/26


見た目の変化はすぐに表れるわけではある


見た目の変化はすぐに表れるわけではあるわけではないですよね。

いきなり痩せることは健康に良くないので、ゆっくりと計画を立てた減量法を選び、それを何度も行い、徐々に体重を減らしていくのが基本です。

体重が少なくなったからとやめてしまうと、すぐに戻ってしまいがちですので、最低3ケ月は行いましょう。

ダイエット期間中に、無性に甘い物が食べたくなった時に口にする食べ物は、昔から変わらずに寒天です。

寒天は様々な味付けができるので、飽きずに食べられます。特別、缶詰みかんが入った牛乳寒天と、さいの目に切った味なし寒天にたっぷりきなこと少々の黒蜜をまぶしたものが定番です。出産をしてから、たるんだおなかを元通りにするために、ダイエットと一緒に人生初体験の筋力トレーニングをしました。100%母乳で子供を育てていたので、思うようにダイエットは進まなかったのですが、筋トレは一生懸命やりました。

おかげで、半年ぐらいである程度元の見た目に戻ることができました。短い間にヘルシーにやせるにはスイミングが一番いい方法です。

走ったりはしたくないという方でも、スイミングならば浮力があるので、すぐに疲労感も感じませんし、泳ぎ終わった後は疲れさえも心地よく感じます。

やせるために大勢の人が泳いでますから、1人で泳いでいても別に恥ずかしくはありません。水泳は予想以上にカロリーを使うので、継続すればダイエットも成功間違いなしです。歳に伴いだんだんと体がゆるんできました。

痩せるためには運動と食事の管理がベストだとは思いつついっこうに時間が取れずに実際に行うことができませんでしたが、この間、久方ぶりに体重計にのってみてはっとしたんです。

まずは無理なく運動に取り組むために、日々歩きにすることから開始してみました。これで多少でも痩せると嬉しいです。

基礎代謝の数値を知ることは必要です。

どうしてかというと、自分の代謝量を知らずに、自分に必要な摂取カロリーの量を知ることはできないためです。10代の頃のようなダイエットに無茶をするのが体力的にやばくなった分、日常生活から静かに数値を気にかけていたいと思うこの頃です。

ダイエットといえば有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素はどう見分けるのか、区別ができません。よく言われるのは、息は上がるけれど、汗をかくほどではないというのが判断するようです。

でも、発汗の仕方は季節によっても変わりますよね。もっとわかりやすい判断基準があるとダイエットしたいと思います。呼吸に気を付けてお腹からするだけでも、人はカロリーを燃焼するそうです。

かっこいい体を手に入れるストレッチとしては深呼吸しながら肩甲骨を動かすのが良いのだと伺いました。肩こりにも有効なのですが、両ほうの腕を上にまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は空に向けたまま、肘を折り曲げて体の後ろに下げていきます。

この時に息を吐きだして肩甲骨をキュッとさせるイメージです。

もはや20年ほど前になるでしょうか。

その時、流行した外国製のダイエットサプリを試しにやってみたことがありました。

飲んで少しの間すると、動悸が発生したり呼吸が荒くなったりしました。

私自身、効果があると判断すればいいのか、体に合わないのかわからず恐れを感じ、一瓶で飲むのを中止することにしました。

結局、体重も何も変わりませんでした。食事量をあまり制限したくないし、運動する時間も取れません。そんな感じで悩んでいた時、とてもいい物を見つけたのです。それが痩せるお茶との出会いでした。

食べないダイエットは肌にも髪にも良くないので、必要なカロリーを補給しつつ、ダイエットお茶を飲んだおかげで、リバウンドすることなく美しく痩せられました。

これを食べておけば痩せていくなんていう、食べ物はありません。しかし、カロリーが低いものや、食物繊維を豊富に含んでいて、お通じを促進してくれるものは痩身効果という意味では有効ですよね。

野菜、きのこ類、海藻類を多く取り入れると、体重が増えることを防いでくれるでしょう。

また、体重が増えそうな食べ物を控える必要があります。ダイエットの為に朝食を抜くのは体に悪いので、欠かさず食べる方が効果的です。

カロリーを気にする場合はメインのご飯をグリーンスムージーやヨーグルトに置き換えるといいです。

それ以外にも、温野菜サラダや温かいスープも代謝が上がりますし、肌も美しくなります。

バナナを朝食にしてもいいので、朝食は抜かずに食べて健康に痩せましょう。

ダイエットといえば、有酸素運動ですが、一番効果的と思われる心拍数を自分自身で把握することで効率よくエネルギーを消費することで、脂肪の燃焼を高めることが出来るのです。

とはいえ、長時間体を動かし続けるほど痩せられるのではなく、激しすぎる運動だと、筋肉に酸素が行き届かなくなってしまい、逆効果になる場合もありえますので、注意してくださいね。

どうしてもやって来るのが体重が思うように減らない時期です。こんな場合はどうすればいいのかと言うと、そのまま痩せることを休んでしまう人もいますが、着実につづけるのが大切です。

もし、運動をしなくなったのなら、食事だけはカロリーをチェックしたり、食事に注意しないのなら、運動量だけでもキープしましょう。

ダイエットするにはまず筋肉を付けて基礎代謝を上げる事が重要です。どんな筋トレが必ず要するのでしょうか?有酸素運動が期待どおりの結果が出せますが、やり過ぎは逆に筋肉がつきにくいと言われています。軽い有酸素運動の以後に筋力トレーニングに取り組み、その後、また軽度の有酸素運動を行うのが結果が表れやすいようです。ついご飯の前にお菓子を食べてしまうことが多くてお困りの方はお菓子の代わりにスムージーを飲んでみてはいかがでしょう。

自分の好きな食材でスムージーをミキサーなどで混ぜ合わせて作ることもできますし、ネットやお店で専用の商品を買うこともできるでしょう。

スムージーをおやつや主食に置き換えて飲むことで痩身効果が上がるんです。飲み込むときにスムージーを噛むとさらに効果が出ますよ。一般的に言われることですが、基礎代謝の平均値は20代に入りだしてから徐々に減っていくものです。これは成長期の終了によって代謝量が一定の数値に安定したことと、運動量の減少のために筋肉量も、同じように徐々に低下しているためです。

中年に差し掛かると太りやすくなってしまうその理由はこのような理由が実はあったのです。


関連記事です




メニュー





メニュー



2011 脂肪燃焼して痩せる!密かに話題のダイエットに効く食事運動法 All rights reserved.

▲TOP