脂肪燃焼をさせるためには筋トレ、食事の量やバランス、生活習慣の見直しなど自分で簡単にできる方法もたくさんあります。ダイエット効果の高い体脂肪を燃焼させるにはどんな方法が有るのでしょうか

ダイエットと脂肪燃焼

脂肪燃焼して痩せる!密かに話題のダイエットに効く食事運動法


HOME >> 短期間でからだに負担をかけずにダイエットする


LastUpdate:2017/07/25


短期間でからだに負担をかけずにダイエットする


短期間でからだに負担をかけずにダイエットするには水泳が一番です。

マラソンなどは苦手な方でも、水の中ならば浮力があるので、体にも負担がありませんし、泳ぎ終わったら心地よい疲労感が残っています。

ダイエット目的でスイミングをしている人はたくさんいますので、1人で泳いでいても全然大丈夫です。

水泳は想像以上にカロリー消費が激しいので、継続すればダイエットも成功間違いなしです。

基礎代謝量が高い方についてですが、痩せるには都合がよいです。

イスに腰掛ける時に、背もたれを使わず背筋を伸ばすようにしたり、歩き方を少々注意するだけでも、基礎代謝を上げることができます。

座し方や歩き方が美しくなれば女性として、魅力も上昇します。

二重の利点ですよね。

ヘルシーにダイエットしたい場合には、ジョギングを実行するのが成果が出やすいです。これはスイミング、ウォーキング、ジョギングといった運動をさしています。栄養面で考慮するのはプロテイン、すなわち、良質なタンパク質を補給することです。脂肪燃焼のためにはタンパク質が不可欠なのです。

呼吸に集中してお腹からするだけでも、人はカロリーを燃焼するそうです。

かっこいい体を手に入れるストレッチとしては思い切り呼吸しながら、肩甲骨を動かすのが良いのだとお聞きしました。

肩こりにも有効なのですが、両ほうの腕を上にまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は上を向けた状態で、肘を折り曲げて体の後ろに下げていきます。

この時に息を吐きだして肩甲骨をキュッとさせるイメージです。痩せよう!と思って、ダイエットは以前に何度か行ってきました。

現在も時々やっているダイエット法はファスティングダイエットです。

その日の予定がない日に水以外は何も摂取しないようにします。明くる日の朝はお粥のような胃にやさしい食べ物を食べて、それ以後は普通に生活するのですお腹のリセットにもなって内臓にもやさしいらしいです。痩せようと思っても日々の運動で、長距離走をしたり徒歩したりするのはやっぱり、どちらかというと面倒な気持ちが感じられますよね。そこで推薦したいのがインドアでの有酸素運動です。

ラジオ体操もバカにできない有酸素運動なので、楽な服装でオーバーアクションで体操をすると、おのずとカロリーも消費されます。

痩せる決意をしたその瞬間が、一番意気込みに満ち溢れているタイミングでしょう。

体重を減らすのを成功させる為には、痩せるぞ!絶対!という思いを長く維持することが、肝心です。最初にマジで頑張りすぎるとすぐに、気持ちが折れやすくなってしまうので、優しく始めましょう。

年齢と共に次第に体がゆるんできました。痩せるためには運動と食事の管理が最適だとは思いつつなかなか時間が確保できずに実行できませんでしたが、この間、久方ぶりに体重計にのってみてびくっとしたんです。

とりあえず、自然に運動をするために、日々歩きにすることから開始してみました。

これでちょっとでも痩身効果がでるといいなーと思います。

もはや20年ほど前になるでしょうか。その時、流行った海外製の痩せる!といわれるサプリを試みたことがありました。流し込んでしばらくすると、動悸が発生したり息切れが発生したりしました。ききめがあると判断すればいいのか、体に合わないのか判断できず恐れを感じ、一瓶で飲むのを中止することにしました。体重も結局は何も変化しませんでした。ダイエットには有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の境目というか、判断することができません。良く聞くのは、息は上がるけれど、汗をかかない程度というのが違いのようです。

でも、発汗の仕方は環境によっても変わりますよね。

もっとはっきりとした違いがわかると痩せやすいと思います。

出産を終えて、増えた体重とぶよぶよのおなかを元に戻すために、スリムアップと合わせて人生初体験の筋力トレーニングをしました。

100%おっぱいで育児をしていたので、思うようにスリムアップはできなかったのですが、筋トレはとても熱心にしました。

おかげさまで約半年でだいたい元の見た目に戻す願いがかないました。

見た目の変化はすぐに表れるわけではあるわけではないですよね。急激な見た目変化は身体によくないので、段階的に痩せる方法を選び、それを試し続けて、少しずつ体重を落としていくのがいいでしょう。見た目が変化したからと言ってやめてしまうと、リバウンドが起きやすいので、短くとも3ケ月は継続していきましょう。

ダイエットをすすめていると自分に厳しい食べ物の制限を設けてしまう人もおりますが食事を取らないなどの無理なスリムアップは絶対、やらない方がいいです。食事制限をやっていても腹ペコになってしまったら無理をせずに召しあがってください。できるだけカロリーが低いのものを食べるようにすれば体重が急増したり、することもございません。

これを食べれば必ずダイエットできるという食べ物はないのです。

ただ、カロリーが低いものや、食物繊維が多く含まれていて、お通じを良くしてくれるものは痩身効果という意味では有効ですよね。

野菜、きのこ類、海藻類を多く取り入れると、体重が増えることを防いでくれるでしょう。

同時に、カロリーの高い食べ物を制限することも大切です。基礎代謝をよくするということは痩せることにも効果を発揮します。元々、あまり汗をかかないという人は、体内に老廃物が溜まりやすい状態になっています。

老廃物が蓄積されていくと基礎代謝を下げることになるので、汗をかかない人ほど太りやすくなってしまうのです。基礎代謝をアップさせて汗をかきやすい体を作ることが大切です。必ず経験するのが痩せなくなってしまう時期です。

こんな場合にはどうしたらいいのかと言うと、そのままダイエットを諦めてしまう人もいますが、無理をせずに続けるのが大切です。

もし、運動を中断してしまっているのなら、食事だけでもカロリーに気を配ったり、食事に気を配らないのなら、運動だけでも継続しましょう。ダイエットを頑張るならとにかく筋肉を増やして基礎代謝量をつけていく事が重要です。減少するためにはどのような筋トレが求められるのでしょうか?ジョギングやヨガが効果が認められますが、やり過ぎはかえって筋肉が増えにくいと言われています。

軽度の有酸素運動の後に筋力トレーニングを行い、最後に再び軽く有酸素運動を行うのが効果が表れやすいようです。


関連記事です




メニュー





メニュー



2011 脂肪燃焼して痩せる!密かに話題のダイエットに効く食事運動法 All rights reserved.

▲TOP